日本選手権クロカン、23日に 服部弾馬「負けないように」

  • LINEで送る

日本選手権クロスカントリーに出場する(左から)西山和弥、鬼塚翔太、服部弾馬、加世田梨花、高松智美ムセンビ=22日、福岡市

 陸上の日本選手権クロスカントリー(23日・福岡市海の中道海浜公園)に出場する有力選手が22日、福岡市内で記者会見し、男子(10キロ)に出場する昨年の日本選手権5000メートル覇者の服部弾馬(トーエネック)は「目的は脚づくり。練習をうまく積めなかったが、気持ちで負けないようにしたい」と抱負を述べた。

 1月の東京箱根間往復大学駅伝を制した東海大の鬼塚翔太は、米国合宿でマラソンの日本記録を持つ大迫傑(ナイキ)と練習したそうで「優勝を目標に掲げている」と2年ぶりの頂点に意欲を燃やし、箱根駅伝の1区で2年連続区間賞の西山和弥(東洋大)は「3番以内が目標」と話した。