野球、稲葉監督「非常に残念」 24年パリ五輪の落選に

  • LINEで送る

稲葉篤紀監督

 野球日本代表の稲葉篤紀監督は22日、2024年パリ五輪で野球・ソフトボールが実施されない見通しとなったことについて「野球競技継続に向けて、関係者一丸となって尽力していたが、選ばれなかったことは非常に残念」との談話を出した。

 野球が3大会ぶりに実施される20年東京五輪では、正式競技としては初の金メダルが期待される。稲葉監督は「東京五輪での金メダル獲得という目標に変わりはありません。この目標を達成すべく、残り約1年半を全力疾走したい」とコメントした。