松井氏「議席伸ばし協定書作成」 ダブル選なら

  • LINEで送る

 松井一郎大阪府知事(大阪維新の会代表)は21日、大阪都構想の住民投票実現を目指して吉村洋文大阪市長とともに辞職し、統一地方選に合わせて「ダブル選」に踏み切った場合、府市両議会で大阪維新の議席を伸ばし、都構想の制度案(協定書)を作る法定協議会で過半数の委員獲得を目指す考えを示した。

 住民投票実施には協定書を作成、府市両議会で議決する必要がある。法定協委員のうち府議、市議は議会勢力ごとに各会派に割り当てられ、現行で大阪維新は過半数の委員数を確保していない。