堺市長の不信任案提出へ 大阪維新、政治資金問題で

  • LINEで送る

 堺市の竹山修身市長の後援会などで政治資金収支報告書に複数の不記載があった問題で、大阪維新の会堺市議団は21日、記者会見し、市長の不信任決議案を提出する方針を明らかにした。市議会は3月12日に議員総会を開いて市長に説明を求める予定で、提出は総会後になる見通しだ。

 大阪維新市議団の池田克史幹事長は「後援会だけでなく市長自身が代表を務める資金管理団体でも不記載が明らかになった。現時点でも大きな政治的責任がある」と述べた。

 大阪維新はこの日、後援会の出納帳などの資料を3月8日までに市議会に提出するよう、市長に文書で申し入れた。