インドネシア、五輪招致へ 32年夏季大会で文書提出

  • LINEで送る

 【ジャカルタ共同】インドネシアは19日までに、2032年夏季五輪の招致へ向け、立候補の意思を伝える文書を国際オリンピック委員会に提出した。実現すれば、東南アジア初の開催。候補都市については明らかにしていない。同国は18年夏にアジア大会を成功させ、ジョコ大統領が32年夏季五輪招致の意向を明言していた。

 インドネシアは、世界第4位の人口を抱える東南アジアの大国。既に24年パリ、28年米ロサンゼルス両五輪が決定しており、国営アンタラ通信によると、32年夏季五輪の開催地選考は、遅くとも24年までに実施される見込み。韓国と北朝鮮も共催を目指している。