五輪中の交通量削減を要請 都が経団連企業に説明会

  • LINEで送る

東京都が開いた2020年五輪・パラリンピック期間中の交通混雑対策に関する経団連会員企業向け説明会=18日、東京都千代田区

 東京都は18日、2020年五輪・パラリンピック期間中の交通混雑対策に関する経団連の会員企業向け説明会を都内で開き、小池百合子知事が交通量削減への協力を求めた。都によると、約380社の580人が参加した。

 都の担当者は、大会期間中には1日延べ約5万台の関係車両が移動し、延べ約80万人の観客が主に鉄道を利用すると説明。対策を取らないと首都高の渋滞は現在の2倍近くになり、鉄道の乗客も約1割増えると予測し、「企業活動に影響が出てくる。皆さまに協力いただいて全体の交通量を減らしたい」と述べた。