宗谷岬の風力発電見直しを 環境省、オジロワシ衝突で

  • LINEで送る

オジロワシ=北海道内

 環境省は18日、北海道・宗谷岬(稚内市)で建て替えを計画している風力発電施設の環境影響評価(アセスメント)で、計画を抜本的に見直すよう求める意見書を経済産業省に提出した。2007〜16年に絶滅危惧種オジロワシ10羽が風車に衝突して死亡したと指摘。保全措置を講じても影響を回避できない場合、事業の取りやめも含めて検討すべきだとした。

 計画では、ユーラスエナジーホールディングス(東京)が風車57基(総出力5万7千キロワット)を撤去し、総出力は増やさず、大型化した15基程度の風車に建て替える。