公明と新合意なければダブル選 都構想で松井大阪府知事

  • LINEで送る

記者団の取材に応じる松井一郎大阪府知事=16日午後、堺市

 松井一郎大阪府知事は16日、大阪都構想の住民投票の実施時期を確約する新たな合意書を公明党と取り交わすことができなければ、吉村洋文大阪市長とともに任期途中で辞職し、4月の統一地方選に合わせて知事・市長のダブル選に踏み切る意向を示した。堺市で記者団に語った。

 「(合意書がなければ)約束は成り立たない」とし、「政策を実現する上でどうしても行き詰まった場合は、もう一度世の中の人に答えを出していただく」と述べた。2人は、松井氏が市長選、吉村氏が知事選に入れ替わって立候補する案も検討している。