バスケなど4競技で南北合同へ 東京五輪でチーム結成

  • LINEで送る

3者会談を終え、記者会見するIOCのバッハ会長。左は韓国の都鍾煥・文化体育観光相、右は北朝鮮の金日国体育相=15日、スイス・ローザンヌ(共同)

 【ローザンヌ(スイス)共同】国際オリンピック委員会(IOC)は15日、スイスのローザンヌで2020年東京五輪での韓国と北朝鮮の合同チーム結成に向けた3者会談を開き、バスケットボールの女子、ホッケーの女子、柔道の混合団体、ボートの4競技で結成することに合意した。今後、南北の合同チームで出場権獲得を目指す。

 南北は共催で32年夏季五輪の招致を目指すことも正式に申し入れ、IOCは歓迎する意向を示した。バッハ会長は冒頭に「双方がさまざまな競技での合同チームに大きな関心を持っていることは認識している。われわれはスポーツの団結力を理解している」と協力姿勢を強調した。