五輪、開閉会式予算130億に増 計画具体化で

  • LINEで送る

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の理事会であいさつする森喜朗会長(右から2人目)=15日午前、東京都港区

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は15日、今年初めての理事会を東京都内で開催し、開閉会式の予算の上限額を現在の91億円から130億円に引き上げることを決めた。企画、演出の骨子が固まり、必要な事業費を概算で出したところ、招致段階の立候補ファイルで見込んだ91億円を超過する見通しとなったことが理由。組織委の厳しい財政状況を踏まえ、12年ロンドン大会の160億円、24年パリ大会の148億円より低く抑えた。

 1月から組織委職員として勤務していた前文部科学省初等中等教育局長の高橋道和氏(57)の役員室長就任も決めた。