はしか発症計16人に ハルカス買い物客も

  • LINEで送る

 大阪市保健所は14日、あべのハルカスに入る「近鉄百貨店本店」(同市阿倍野区)で働く30代の女性従業員1人と、10〜30代の買い物客の男女6人が新たにはしかを発症したと発表した。同店にいた人の発症者は計16人になった。客の発症が判明したのは初めて。

 保健所によると、女性従業員は5〜10日、近鉄本店ウイング館9階のバレンタインフェア会場で接客を担当。6日から37度前後の発熱があったが、10日まで勤務を続けていた。医療機関で治療を受けており、重症化はしていない。

 買い物客6人のうち、4人は大阪府内、1人は滋賀県、1人は和歌山市から訪れていた。