都が保護者の体罰禁じる条例案 子ども虐待防止で初規定

  • LINEで送る

東京都庁

 東京都は13日、保護者による体罰や暴言の禁止、児童相談所間で的確な引き継ぎを実施することなどを盛り込んだ子どもへの虐待防止条例案を公表した。都によると、保護者の体罰を禁止する規定は都道府県で初めて。20日開会の都議会定例会に提案する。

 昨年3月、両親から虐待を受けた目黒区の船戸結愛ちゃん=当時(5)=が死亡した事件を受け、都は条例策定を決定。同年11月、都の専門家会議が、転居の際に香川県の児相との引き継ぎが不十分で、安全確認が遅れたなどとする報告書をまとめた。

 児童虐待防止に関する条例は埼玉や愛媛など9府県で施行されている。