違法ダウンロードの対象拡大 海賊版対策で報告書

  • LINEで送る

文化審議会著作権分科会報告書のポイント

 文化審議会の著作権分科会は13日、東京都内で会合を開き、海賊版サイト対策の報告書を了承した。海賊版と知りながらダウンロードする行為を違法とし、対象を現行の音楽・映像だけでなく漫画やゲームソフトを含む全ての著作物に拡大することが柱。悪質な行為には刑事罰も科すとした。インターネット利用者を海賊版サイトに誘導する「リーチサイト」の規制も盛り込んだ。

 文化庁は今国会に著作権法改正案を提出する方針だが、有識者から「ネット利用を萎縮させる」といった懸念が相次いでおり、対象拡大や罰則の規定を改正案にどう書き込むかが焦点となる。