米大統領選、ウォーレン氏出馬へ 地元の支持者集会で正式表明

  • LINEで送る

9日、米マサチューセッツ州で大統領選への出馬を表明するウォーレン上院議員(ゲッティ=共同)

 【ワシントン共同】米民主党の女性上院議員エリザベス・ウォーレン氏(69)は9日、地元の東部マサチューセッツ州で支持者集会を開き、2020年大統領選への立候補を正式に表明した。貧富の格差是正などに力を注ぐ考えを示した。

 ウォーレン氏は演説で「富裕層や大企業が政治を悪用」し、労働者から搾取して利益を得ていると指摘。強硬な移民政策などで国民の分断を深めていると批判されるトランプ大統領を念頭に「大統領執務室に憎悪の居場所はない」と強調し、「万人にとって機能する米国建設」のために闘うと表明した。