韓国議長、天皇陛下「謝罪を」 慰安婦問題解決と主張

  • LINEで送る

韓国国会の文喜相議長=2018年9月、ソウルの国会議事堂(共同)

 【ソウル共同】韓国国会の文喜相議長は米ブルームバーグ通信とのインタビューで、旧日本軍の従軍慰安婦問題について、天皇陛下が近く退位する前に元慰安婦の「手を握り本当に申し訳なかったと言えば、これを最後に問題は解決する」と述べた。陛下が「戦争犯罪の主犯の息子だ」とも指摘。安倍晋三首相にも同様の謝罪を求めた。同通信が9日までに伝えた。

 韓国人元徴用工問題などを巡り悪化した日韓関係に、さらに悪影響が出る恐れがある。

 文氏は「(謝罪の)一言でいい」と強調した。

 文氏は与党所属の重鎮議員で、2004〜08年には韓日議員連盟会長を務めた。18年7月から国会議長。