大相撲、関脇・貴景勝が稽古再開 大関懸かる春場所へ意欲

  • LINEで送る

春場所に向け、稽古を再開した貴景勝=6日、東京都台東区の千賀ノ浦部屋

 大相撲の関脇貴景勝が6日、大関昇進の懸かる春場所(3月10日初日・エディオンアリーナ大阪)に向けて、東京都台東区の千賀ノ浦部屋で稽古を再開し、四股やスクワットの基本運動で汗を流した。22歳の若武者は「しっかり体をつくっていく。自分でもハッパを掛けていく」と一つ上の地位への意欲を語った。

 1月の初場所千秋楽に右足裏を痛めた影響で、相撲を取る稽古の再開は未定。本人は「大丈夫。稽古をしながら、しっかり治す。みんなどこか痛い」と気丈に話した。

 貴景勝は小結だった昨年11月の九州場所で13勝を挙げて初優勝。新関脇の先場所は11勝し、春場所の大関とりにつなげた。