菅官房長官「米の問題意識理解」 INF条約破棄巡り

  • LINEで送る

 菅義偉官房長官は4日の記者会見で、米国がロシアによる条約違反を非難し中距離核戦力(INF)廃棄条約の破棄を発表したことについて「米国が発表するに至った問題意識は理解できる」と述べた。「条約が終了せざるを得ない状況は望ましくない」とも指摘した。

 米国へ理解を示す理由として「ロシアによる条約違反が継続している状況に変化がなく、米国、ロシア以外の国々がミサイルを開発、実戦配備している状況も認識する必要がある」と語った。

 同時に「ミサイルを巡る問題は東アジアの安全保障に直結する。米国と連携し、ロシア、中国ともやりとりをしていきたい」と強調した。