細田守監督のアニメに米アニー賞 長編インディペンデント作品

  • LINEで送る

第46回アニー賞の発表・授賞式に出席する、映画「未来のミライ」の細田守監督(右)ら=2日、ロサンゼルス(ゲッティ=共同)

 【ロサンゼルス共同】「アニメ界のアカデミー賞」と呼ばれる第46回アニー賞(国際アニメ映画協会主催)の発表・授賞式が2日夜、米ロサンゼルスで開かれ、細田守監督の映画「未来のミライ」が長編インディペンデント作品賞を受賞した。24日に発表されるアカデミー賞でも長編アニメ賞にノミネートされており、弾みがつきそうだ。

 一方、マーベル・コミック作品「スパイダーマン スパイダーバース」(日本公開は3月8日)は最も注目される長編作品賞をはじめ7部門を受賞した。

 長編インディペンデント作品賞は米国で千館未満の映画館で公開された作品が対象だ。