NGT問題、第三者委設置 メンバー被害で運営会社

  • LINEで送る

 アイドルグループ「NGT48」メンバーの山口真帆さん(23)が暴行被害に遭った事件で、グループの運営会社「AKS」(東京)は1日、岩崎晃弁護士を委員長とする第三者委員会を設置した。

 発表によると、委員会は岩崎氏ら弁護士3人で構成。設置目的は「事件に関する事実関係の調査および原因の究明(直接的な原因のみならず、背景となる要因などを含む)を行う」と説明し、調査期間は「1カ月半をめど」とした。

 AKSは「調査など終了後、速やかに当社取締役会へ報告を受けることになっており、当社から改めて皆さまにご報告する予定」としている。