スケート斎藤選手、けん責処分 平昌五輪でドーピング陽性

  • LINEで送る

斎藤慧選手

 日本スケート連盟は30日、昨年2月の平昌冬季五輪でのドーピング検査で陽性反応を示したスピードスケート・ショートトラック男子日本代表の斎藤慧選手(22)について、国際スケート連盟の科す処分が資格停止期間を伴わない「けん責」のみになると発表した。極めて異例のケースとなる。

 斎藤選手は、昨年2月4日に選手村で受けた検査で利尿作用のある禁止物質「アセタゾラミド」に陽性反応を示し、暫定資格停止処分となった。