五輪の国関連予算2197億円 政府が総額集計

  • LINEで送る

建設中の五輪水泳センター=2018年10月=東京都江東区

 政府は29日、2013〜19年度予算案に計上した20年東京五輪・パラリンピック関連の費用が総額約2197億円になると発表した。これまで16〜18年度分は公表していたが、新たに19年度予算案と18年度補正予算案の関連費用、大会開催が決まった13年度から15年度の未公表分を合算して集計した。

 主な内訳は競技力の強化関連で約1010億円、新国立競技場整備などの日本スポーツ振興センター(JSC)の運営費交付金などで約517億円、パラリンピック開催経費で約300億円、セキュリティー関連で約214億円。