東京五輪のPV、都内や被災地で 都が基本計画案を発表

  • LINEで送る

 東京都は25日、2020年東京五輪・パラリンピックの期間中、パブリックビューイング(PV)や競技体験などを楽しめる「ライブサイト」について、実施会場などを定めた基本計画案を発表した。都内の公園や駅周辺の他、「復興五輪」の理念に基づき、東日本大震災や熊本地震の被災地でも実施する。

 ライブサイトの会場は代々木公園など都立公園2カ所と、利便性が高いターミナル駅周辺3カ所。JR東日本との連携事業で、山手線の品川―田町間に20年春に暫定開業予定の「高輪ゲートウェイ」駅前も会場となる。

 被災地では盛岡市の盛岡城跡公園、仙台市の勾当台公園などが会場となる。