大相撲初場所、白鵬は10戦全勝 2敗に玉鷲と千代の国

  • LINEで送る

高安(左)がはたき込みで貴景勝を下す=両国国技館

 大相撲初場所10日目(22日・両国国技館)2場所ぶり42度目の優勝を狙う一人横綱の白鵬が平幕隠岐の海を寄り切り、10戦全勝で単独首位を堅持した。ただ一人1敗だった千代の国が敗れたため、白鵬は後続と2差の独走態勢に入った。

 両大関はともに白星。高安は関脇貴景勝をはたき込んで星を五分に戻した。貴景勝は3敗目。豪栄道は琴奨菊を外掛けで下して、4勝目を挙げた。関脇玉鷲が錦木を押し出して勝ち越した。

 勝ちっ放しの白鵬を玉鷲と千代の国が2敗で追う。十両は志摩ノ海が1敗で単独トップ。元関脇の十両豪風が引退した。