初場所、小結御嶽海が再出場へ 左脚負傷、7日目から休場

  • LINEで送る

御嶽海

 左膝付近のけがで大相撲初場所7日目の19日から休場していた西小結御嶽海(26)=本名大道久司、長野県出身、出羽海部屋=が11日目の23日から再出場することが22日、決まった。11日目に横綱白鵬との対戦が組まれた。

 御嶽海は初日から5連勝と好調だったが、6日目の小結妙義龍戦で敗れた際に負傷。「左大腿四頭筋腱部分損傷で、2週間の安静加療を要する見込み」と診断されていた。10日目終了時点で5勝2敗3休。