女優の市原悦子さん告別式 祭壇に緑の草木、ほほ笑む遺影

  • LINEで送る

告別式で祭壇に飾られた市原悦子さんの遺影=18日午前、東京都港区の青山葬儀所

 テレビドラマ「家政婦は見た!」シリーズで知られ、12日に82歳で亡くなった女優の市原悦子さんの告別式が18日、東京都港区の青山葬儀所で開かれた。

 会場内には、緑の草木で覆われた祭壇が設けられ、中央には黒い服でにっこりとほほ笑む市原さんの大きな遺影が掲げられた。通路などには、市原さんの演技に臨む姿などをとらえた写真が多く並べられた。

 市原さんは人間味のある演技で悲喜劇をこなし、脇役でも存在感を発揮。テレビアニメ「まんが日本昔ばなし」のナレーションなど、ほのぼのとした語り口でも親しまれた。