大相撲、白鵬が錦木下して5連勝 鶴竜3敗目、全勝4人

  • LINEで送る

錦木(左)を上手投げで下す白鵬=両国国技館

 大相撲初場所5日目(17日・両国国技館)横綱白鵬は全勝同士の対戦で、取り直しの末に平幕錦木を上手投げで下し、史上1位の通算勝利数を1100に伸ばした。横綱鶴竜は逸ノ城に寄り切られ2勝3敗。逸ノ城は7個目の金星を獲得した。

 大関陣は豪栄道が栃煌山を寄り切り、初勝利。高安は正代に寄り倒され、2勝3敗となった。栃ノ心は休場した。関脇貴景勝は小結妙義龍を押し出し、1敗を守った。小結御嶽海は関脇玉鷲を押し出し、5連勝。

 全勝は白鵬、御嶽海、平幕の阿武咲、魁聖の4人となった。