パンク修理キット、事前に確認を 使い方分からず、相談増加

  • LINEで送る

車のタイヤのパンクに備えた応急修理キット

 国民生活センターは17日、車のパンクに備えた付属品が、スペアタイヤではなく応急修理キットであるケースが増えた結果、「使用方法が分からない」という相談が増加していると明らかにした。センターの担当者は「自分の車の付属品がどちらなのかを事前に確認してほしい。修理キットは有効期限を過ぎると使えないので注意して」と呼び掛けている。

 センターによると、車を所有する5千人にインターネットでアンケートしたところ、付属品がどちらか知らない人が4割に上った。

 修理キットは、穴の開いた部分を固めて空気の漏れを防ぐ修理剤と、空気を入れる電動コンプレッサーでできている。