「一片の悔いもない」と稀勢の里 引退会見、負傷からの思いに涙も

  • LINEで送る

現役引退の記者会見で涙を見せる横綱稀勢の里=16日午後、東京・両国国技館の相撲教習所

 現役引退を決めた第72代横綱の稀勢の里(32)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が16日、東京都墨田区の両国国技館内で記者会見し「横綱として皆さまの期待に沿えられないというのは非常に悔いが残りますが、私の土俵人生において、一片の悔いもございません」と話した。

 2017年春場所で左上腕などを負傷してからの思いについて「一生懸命やってきました」と話し、涙を流した。

 また思い出の一番としては、横綱昇進を決めた2017年初場所の千秋楽で横綱白鵬に勝った取組を挙げた。

 日本相撲協会は同日、理事会で横綱稀勢の里の引退と年寄「荒磯」襲名を承認したと発表した。