横綱稀勢の里関、初日から3連敗 進退問題は厳しい状況

  • LINEで送る

稀勢の里(右)が寄り切りで栃煌山に敗れる。初日から3連敗となった=両国国技館

 大相撲初場所3日目は15日、東京都墨田区の両国国技館で行われ、進退の懸かる横綱稀勢の里関(32)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が平幕栃煌山関に寄り切られ、初日から3連敗と極めて厳しい状況へ追い込まれた。

 稀勢の里関は昨年9月の秋場所千秋楽から8連敗(不戦敗を除く)を喫し、1場所15日制が定着した1949年夏場所以降の横綱では貴乃花を抜いて単独ワースト記録となった。昨年11月の九州場所では初日から4連敗した後で途中休場した。