FB、ベトナムの削除要請応じず 「反政府的」、監視強化に懸念も

  • LINEで送る

 【ハノイ共同】ベトナム情報通信省は8日、米交流サイト大手フェイスブック(FB)が反政府的な投稿を容認し、ベトナム側からの削除要請にも応じなかったと発表した。国営メディアが9日報じた。

 ベトナムでは今月から国家に有害と判断されたインターネット情報の排除を目指す「サイバーセキュリティー法」が施行されたばかり。共産党一党支配の下、ネット監視と言論統制を強化する動きに国内外から懸念の声が上がっている。

 情報通信省はFBの対応は違法だとして、引き続き関連情報を収集するとした。AP通信によると、FB側は「明確な手続きを定め、違法な投稿に対処している」と反論した。