環境相、再生エネ会議に初参加 昨年は河野外相の積極性話題に

  • LINEで送る

 アラブ首長国連邦(UAE)で10〜13日に開かれる国際再生可能エネルギー機関(IRENA)の総会に、日本の環境大臣として初めて原田義昭環境相が参加すると、環境省が7日発表した。昨年は河野太郎外相が出席し、導入が遅れる日本の状況を批判し、拡大への強い意欲を示して話題となった。お株を奪われた格好の環境省は積極姿勢のアピールを狙う。

 IRENAは再生エネルギーの普及などを目的に2011年に設立された国際機関。150以上の国や地域が参加し、総会は今年で9回目。

 原田氏は会期中、閣僚級会合でのスピーチや、各国の閣僚らとの個別会談を予定している。