傷つく野外コウノトリ最多 17年度19羽、人工物原因

  • LINEで送る

防鳥獣ネットに絡まり傷ついたコウノトリ(兵庫県立コウノトリの郷公園提供)

 野外に生息する国の特別天然記念物コウノトリのうち、2017年度に防鳥獣ネットや電線などの人工物が原因で19羽が傷ついたり死んだりし、05年の放鳥開始から最多だったことが7日分かった。兵庫県立コウノトリの郷公園(同県豊岡市)の調査で判明した。日本各地で140羽以上が生息し野生復帰が進む中、安全な環境づくりが課題に浮かんだ。

 同公園の松本令以獣医師は「同じ大型鳥のワシが生息する北海道では、産官学が協力して対策を取っている。コスト面など課題はあるが、コウノトリを死なせないための環境づくりを各地で考えてほしい」と話す。