中国探査機、月の裏側に着陸 世界初、宇宙開発を加速

  • LINEで送る

月の裏側へ着陸した無人探査機「嫦娥4号」が撮影した写真。中国国家宇宙局が公開した=3日(新華社=共同)

 【北京共同】中国政府は、中国の無人探査機「嫦娥4号」が3日午前10時26分(日本時間同11時26分)、世界で初めて月の裏側への軟着陸に成功したと発表した。着陸後に撮影した画像の地球への送信にも成功した。今後、鉱物資源などを調査する。習近平指導部は「宇宙強国」の地位確立に向けた取り組みを加速する。

 先端技術分野での米国との覇権争いが、さらに激しくなりそうだ。

 嫦娥4号は昨年12月8日に打ち上げられた。「嫦娥」は中国の月に住む伝説の仙女の名。カメラやレーダーを備えた探査車が月面を走行し、地形や中性子線などの月面環境を観測するほか、地質も調査する。