リコールで失職の元市長敗れる 鹿児島・阿久根、現職が3選

  • LINEで送る

鹿児島県阿久根市長選に敗れ、支援者にあいさつする竹原信一氏=23日夜

 任期満了に伴う鹿児島県阿久根市長選は23日投開票され、無所属の現職西平良将氏(45)=自民、公明推薦=が、市政運営が独善的だとして2010年に解職請求(リコール)が成立して失職した無所属の元職竹原信一氏(59)を破り、3選を果たした。投票率は71・65%。

 竹原氏は市議を経て08年に市長に就任したが、予算や副市長の選任といった重要案件を、市議会に諮らないなどとして市民から批判が集中し、リコール成立で失職した。その後、出直し市長選や県議選などに立候補したが、いずれも落選。15年の市議選に立候補した際は、トップで当選した。