フランス東部で乱射、2人死亡 テロで捜査、容疑者逃走

  • LINEで送る

銃乱射事件の犠牲者を追悼し、花をささげてろうそくに火をともす女性=12日、フランス東部ストラスブール(共同)

 【ストラスブール共同】フランス東部ストラスブール中心部のクリスマスマーケット(市場)近くで11日午後8時(日本時間12日午前4時)ごろ、男が銃を乱射した。検察当局は12日、2人が死亡、別の1人が脳死状態になったと明らかにした。ほかに12人が負傷し、うち6人が重傷という。容疑者は逃走中。当局は容疑者が「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫んだとの証言があると明らかにし、イスラム過激派のテロだったとの認識を示した。

 警官と憲兵計700人態勢で容疑者の行方を追っている。

 報道によると、容疑者はストラスブール生まれのフランス人で29歳。