中国外相、米カナダを批判 華為幹部拘束「座視せず」

  • LINEで送る

北京で開かれたシンポジウムで発言する中国の王毅国務委員兼外相=11日(共同)

 【北京共同】中国の王毅国務委員兼外相は11日の講演で「中国公民の正当な権利を侵害するいじめ行為は座視しない」と述べ、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)幹部の拘束を巡る米国とカナダの対応を批判した。中国外務省が発表した。

 中国はこれまで外務次官による抗議は発表していたが、副首相級である国務委員の発言によって反発を強めた形だ。王氏は北京で開かれたシンポジウムで「われわれは海外にいる全ての同胞の安否に、絶えず関心を持っている。全力で中国公民の権利を守る」と強調した。