本庶氏にノーベル賞授与 医学研究、最高の栄誉

  • LINEで送る

ノーベル賞授賞式で、スウェーデン国王カール16世グスタフ(右)から医学生理学賞のメダルと賞状を受け取る本庶佑・京都大特別教授=10日、ストックホルムのコンサートホール(共同)

 【ストックホルム共同】2018年のノーベル賞授賞式が10日夕(日本時間11日未明)、ストックホルムのコンサートホールで開かれた。スウェーデン国王カール16世グスタフが、医学生理学賞の本庶佑・京都大特別教授(76)に最高の栄誉を示すメダルと賞状を授与した。

 本庶氏はジェームズ・アリソン米テキサス大教授と共同受賞。免疫を利用した新たながん治療法の実用化に道を開いたと評価された。

 日本人の医学生理学賞は16年の大隅良典氏に続く5人目の受賞。日本出身のノーベル賞受賞者は長崎県出身の英国人作家カズオ・イシグロ氏を含めると27人。