性暴力撲滅の活動に平和賞授与 コンゴ医師とイラク女性に

  • LINEで送る

10日、オスロで開かれた授賞式でノーベル平和賞を贈られたムクウェゲ氏(右)とムラド氏(AP=共同)

 【オスロ共同】紛争下の性暴力と闘うイラク人女性ナディア・ムラド氏(25)と、コンゴ(旧ザイール)の産婦人科医デニ・ムクウェゲ氏(63)へのノーベル平和賞の授賞式が10日、ノルウェーの首都オスロで開かれた。ムラド氏らは演説で性暴力撲滅を目指し「共に声を上げよう」と国際社会に行動を要求。「正義を望む」と被害者支援も訴えた。

 ムラド氏はクルド民族少数派ヤジド教徒で、過激派組織「イスラム国」(IS)の性奴隷にされたと実名で証言してきた。演説で、多数のヤジド教徒を殺害、拘束し性奴隷にしたISの攻撃は「虐殺」と強調。「裁かれなければ虐殺が繰り返される」と述べた。