温暖化対策、地域住民同意を 国連人権理が声明

  • LINEで送る

ベトナムのメコンデルタ地域で、干ばつに見舞われて乾いた水田を焼く農家の人=2016年3月(ロイター=共同)

 【カトウィツェ共同】国連人権理事会の専門家チームは6日、地球温暖化の対策を講じる際には、地域住民の参加を図り、事前の同意を得るよう努めるなど人権に配慮した進め方を求める声明を発表した。

 2020年に始まるパリ協定の具体的な実施ルールを策定するためポーランド・カトウィツェで開催中されている国連気候変動枠組み条約第24回締約国会議(COP24)に合わせ、参加各国に呼びかけた。

 声明は、温暖化による影響は既に人類の住環境に影響を与え、移民や人身売買など深刻な人権侵害を引き起こしていると指摘した。