フランス、燃料増税6カ月延期 デモ収拾図れるかは不透明

  • LINEで送る

フランスのフィリップ首相=4日、パリ(ロイター=共同)

 【パリ共同】フランスのフィリップ首相は4日、国内で過激化した燃料税引き上げ抗議デモの沈静化を図るため、同国政府が来年1月1日に予定していた燃料税の引き上げを6カ月間停止すると発表した。

 マクロン政権はこれまで、燃料税引き上げは地球温暖化対策のために必要だとして撤回を拒否してきた。デモ長期化による経済や観光への悪影響が懸念される中、譲歩を迫られた形だが、一時的な猶予で収拾を図れるかどうかは不透明だ。