慶大は後継の共通テスト利用せず 全学部、英語民間試験も

  • LINEで送る

 慶応大は19日、大学入試センター試験の後継として2020年度から始まる大学入学共通テストについて全学部で利用しないと発表した。また、一般入試では従来と同様、英語の民間検定試験の成績を使わず、利用については検討を続けるとしている。

 共通テストへの移行は記述式の出題などを通し思考力、判断力、表現力を問う目的がある。早稲田大は政治経済学部の一般入試で、外国語、国語、数学1・Aを含めた4科目を課し、共通テストの英語で活用される民間検定試験、学部独自試験の結果も合わせて合否判定するなどと発表しており、有力私大の間で対応が分かれた形だ。