風疹が全国拡大、五輪に影響懸念 背景にワクチン未接種

  • LINEで送る

風疹の予防接種の制度と年齢

 今年の風疹の累積患者数が近く5年ぶりに2千人を超える見通しとなり、首都圏中心の流行が全国に広がり始めた。来年以降も増え続ける恐れもあり、訪日客の減少など、東京五輪・パラリンピックに影響が出かねないとの見方も出ている。30代以降の男性にワクチン接種を受けていない人が多いのが原因で、専門家は抗体検査やワクチン接種を行うよう呼び掛けている。

 国立感染症研究所によると、流行が始まった7月23〜29日の1週間に患者が報告された地域は、千葉、東京などの5都県で、患者数は19人。10月29日〜11月4日の1週間は26都道府県で154人に拡大。累積1884人に達した。