出雲大社で八百万神お迎え、島根 稲佐の浜で神事

  • LINEで送る

稲佐の浜で営まれた八百万神を迎える「神迎神事」=17日夜、島根県出雲市

 全国から八百万神が出雲大社(島根県出雲市)に集まるとされる旧暦10月10日の17日夜、同市の稲佐の浜で「神迎神事」があった。暗闇にかがり火がたかれる中、神職が祝詞をあげ神々をサカキに宿らせた。

 旧暦10月は各地の神々が留守になるため神無月といわれる一方、神々が集まる出雲地方では「神在月」と呼ばれる。

 海からやって来るとされる神々を迎え終わると、神職がサカキを白い絹の布で覆い、観光客らと出雲大社に続く約2キロの「神迎の道」を進んだ。

 稲佐の浜は出雲大社に祭られる大国主命が、天照大神の使者と国譲りの話し合いをした場所とされる。