米側、辺野古移設揺るがずと表明 玉城沖縄県知事、反対の意向伝達

  • LINEで送る

米国務省のロゴ(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米首都ワシントンを訪問中の沖縄県の玉城デニー知事は14日午前(日本時間15日未明)、国務省で同省のナッパー副次官補代行と国防総省のボスティ日本部長代行と会談した。玉城氏が、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対する意向を伝えたのに対し、米側は方針は揺るがないと表明した。

 会談後、玉城氏や国務省が声明で明らかにした。米側は、沖縄がアジア太平洋地域で平和の礎である日米同盟の中心的役割を果たしたとして感謝の意も伝えた。

 玉城氏によると、米側は辺野古移設が唯一の解決策とする従来の姿勢を示した。

 玉城氏は15日に帰国の途に就く。