宇宙カプセルの試料、到着 つくばのJAXA施設に

  • LINEで送る

JAXA筑波宇宙センターに運び込まれる、国際宇宙ステーションから地球に帰還した実験試料=13日午前、茨城県つくば市

 国際宇宙ステーションから地球に帰還した小型回収カプセル内の実験試料が13日午前、茨城県つくば市の宇宙航空研究開発機構(JAXA)筑波宇宙センターに到着した。

 試料はステーションで行った科学実験で作製したタンパク質の結晶。カプセルが大気圏突入時の熱や衝撃に耐え、試料を無事に運べたかどうかを今後確認する。宇宙から安全に物を回収する技術で、将来の有人宇宙船の開発にも役立つと期待されている。

 カプセルは8日、無人補給機「こうのとり」7号機とともにステーションを出発。大気圏突入の際に分離し、11日午前に太平洋の南鳥島近海に着水した。