時速280キロで走行容疑、大阪 府警、「性能試す」男を書類送検

  • LINEで送る

ユーチューブに投稿された、トンネル内を高速走行する動画

 スポーツカーで自動車専用道路を時速約280キロで走行したとして、大阪府警城東署は5日、道交法違反(速度超過)の疑いで、大阪市城東区に住む無職の男(35)を書類送検した。

 城東署などによると、車は日産自動車の「GT―R」で「性能を試そうと思った」と容疑を認めている。事故は起こしておらず、けが人はいなかった。男は高速走行する様子を動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開していた。

 男が投稿したとみられる動画では、走りだしてから20秒ほどで280キロに達し、トンネル内を車やトラックを追い抜いていく様子が写っていた。