ヤンキース田中投手は受賞ならず ゴールドグラブ賞

  • LINEで送る

ア・リーグ二塁手のゴールドグラブ賞に選ばれたレッドソックスのキンズラー(右)(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】米大リーグで守備のベストナインに相当するゴールドグラブ賞が4日に発表され、日本選手でただ一人最終候補に入っていたヤンキースの田中将大投手は受賞を逃した。ア・リーグ投手部門はカイケル(アストロズ)が4度目の受賞を果たした。

 ア・リーグは一塁手オルソン、三塁手チャプマン(以上アスレチックス)が初受賞。ワールドシリーズを制覇したレッドソックスからは初受賞の中堅手ブラッドリー、右翼手ベッツ、二塁手キンズラーが選ばれた。

 ナ・リーグは捕手モリーナ(カージナルス)が9度目の栄誉で、一塁手F・フリーマン(ブレーブス)が初受賞。