旅行手配業の中国人逮捕へ 他人カードで宿泊予約容疑

  • LINEで送る

 リクルート社が運営するホテル予約サイト「じゃらんnet」で、他人名義のクレジットカード情報を使い宿泊代金を決済した疑いが強まったとして、埼玉県警は電子計算機使用詐欺の疑いで、旅行サービス手配業を営む中国人の20代の男=千葉県市川市=を18日に逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材で17日、分かった。

 訪日外国人旅行者の増加を背景に旅行サービスのオンライン市場が拡大する中、カードの不正利用が増えている。捜査関係者によると、リクルート社は昨年3月〜今年8月に約2億7千万円の被害を受けており、県警は詳しい経緯を調べる。