英検がAI自動採点を導入 共通テスト見据え、19年度から

  • LINEで送る

記者会見する日本英語検定協会=17日午後、東京都文京区

 日本英語検定協会(英検協会)は17日、東京都内で会見し、英検のスピーキング(話す)やライティング(書く)で、人工知能(AI)を活用した自動採点を2019年度から順次導入すると発表した。従来通りの人による採点と組み合わせ、精度向上や時間短縮を目指す。

 20年度に始まる大学入学共通テストでは、英検などの民間検定試験の結果が入試に利用される。英検協会の担当者は「入試利用も見据え、より公平公正な検定結果になるよう最新のテクノロジーの活用が重要だ」と述べた。

 自動採点は、19年度に「話す」の4、5級で、「書く」の1〜3級で導入する。