米カナダ協議、時間切れも NAFTA再交渉で

  • LINEで送る

 【ニューヨーク共同】米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は25日、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を巡るカナダとの協議が「時間切れになってしまうかもしれない」と述べた。今月末の期限までにまとまらない可能性を示唆した。ロイター通信が伝えた。

 トランプ米政権は11月末の新協定署名を目指し、既にメキシコと2国間協定を結ぶ意向を8月末に米議会に通知した。

 ライトハイザー氏はカナダを含めた新協定が「最善だ」としつつも、乳製品や紛争解決制度を巡って「いくらか距離がある」と説明。カナダのトルドー首相は、3カ国による新協定締結の「可能性はある」と述べた。